1962年東京に生まれる。多摩美術大学にて日本画を専攻。1996年山梨にて樹齢千年を超える神代桜との運命的な出会いがあり、それを機に菅原芸術の扉が開かれる。古木の幹から放たれる生々流転する生命のダイナミズムに衝撃を受け、その生命力を極めて独創性高い表現で描く。現在では淡墨桜や滝桜、臥龍の松、霧降の滝など幅広く題材を求め制作。越前の手すき和紙の裏から墨をにじませるなど日本画の伝統技法を用いながら、日本最古の墨として知られる松煙墨でひび割れを敢えて作るなど、新たな表現方法を常に探求し、壮麗な世界を築いている。2012年パリにて開催された個展の成功を皮切りに世界の舞台へ躍進。シンフォニーホールのエントランスをはじめとする世界有数のホテルや公共施設の壁面を豊かな生命の息吹で飾っている。

展覧会

アートフェア

ニュース

カタログ

  • Takehiko SUGAWARA

  • Stay Art Home

  • Takehiko SUGAWARA

  • Takehiko Sugawara

  • Takehiko Sugawara

PDF