トム・クリストファー

1952年カリフォルニア州ハリウッドに生まれる。
摩天楼、イエローキャブ、自転車メッセンジャー、そして行き交う個性豊かな人々を、ニューヨーク独特の人工と自然の光が乱反射するまばゆい煌きの中に、躍動感溢れる筆致で映し出す。
写実性をベースにしながらも、少し不自然な色彩、定まらない視点、車にねじれのある動きなど、わずかなデフォルメを好んで加え、この都市が抱える不安定な緊張感を表現すると同時に、混沌に帰すことのないニューヨークの真の魅力を鮮烈に描きだしている。
コレクターには前ニューヨーク市長であるルドルフ・ジュリアーニ氏や、前アメリカ大統領夫人のローラ・ブッシュ氏も名を連ねる。1995年には、ロックフェラーセンター、1998年にはタイムズスクエアに巨大壁画を制作し、2001年9.11テロ事件後には、ワールドトレードセンターを題材に描いた作品が全米に感銘を与え話題となり、作品はニューヨーク市立美術館に買い上げられている。

作品一覧

  • I’m Enjoying One Of The Greatest Books In The World And I Don’t Have To Read A Single Word

  • Flowers Bloomed Wildly On Broadway

  • Tour Bus Sales Men In Times Square

  • City On Wheels

展覧会

ニュース

カタログ

  • Tom CHRISTOPHER

  • Stay Art Home

  • Tom Christopher

  • Tom Christopher : Something About New York City

  • Tom Christopher

PDF