チェン・ジャン・ホン

1963年中国、天津に生まれる。難関として名高い北京中央美術学院に進学し中国伝統の水墨画を習得。1987年にはパリに移住しエコール・デ・ボザールにて油彩画を学ぶ。抽象表現へと傾注していったチェンは、東洋と西洋、伝統と革新の調和を追求し、やがて墨と油彩を自在に操る独創的な画法を確立していく。力強い筆勢の線描に、ぼかしや飛沫で描く穏やかな色調が画中に広がり、静謐ながらもエネルギッシュな生命の崇高性を優美に表現している。画業を通じ花鳥画に連なる蓮の主題を中心に描いてきたが、近年では風景など日常から着想を得た様々なイメージの作品を加え、抽象性高まる新境地を展開している。作品はインディアナ州のスナイト美術館やドーハのマトハフ・アラブ近代美術館のほか、パリや東京、上海など世界の主要都市有数のホテルやランドマークとなる建造物の壁面を飾っている。

作品一覧

  • 淑蓮

  • 奏蓮

展覧会

ニュース

カタログ

  • Stay Art Home

  • CHEN Jiang-Hong

  • Chen Jiang Hong

  • Chen Jiang-Hong

  • Chen Jiang-Hong

  • Chen Jiang Hong – Lotus

PDF