Kyosuke Tchinai

和紙にアクリル絵具を用いるという、日本画と洋画との境界を越えた革新的な表現方法で、日本の伝統美である衣装文様や花鳥風月を描き、「もののあはれ」の情趣漂う優美な画風を確立させた智内兄助。

花木や山の主題に取り組み日本の原風景に迫る作品を手がけ、近年ではその風景に羽ばたく鶴の姿が加わりました。百花咲き誇る四季の中に解き放たれ、鶴が自在にそして優雅に舞う新たな理想郷の誕生です。

東京店では実に7年ぶりの個展となる本展では、鶴の作品を含む新作40余点をお披露目致します。新たなる智内の世界を是非ご高覧下さいますようご案内申し上げます。

なおカタログページよりWEBカタログを公開しております。智内兄助の様々な作品群を紹介しておりますので、この機会に是非ともご覧下さい。

September 16 - October 10

7-5-4 Ginza,Chuo-ku

104-0061 Tokyo

Japan

11:00-19:00 Mon-Sat / 11:00-17:00 Sunday and Holiday