1948年愛媛県に生まれる。東京藝術大学大学院修了。
1980年代初めから、和紙にアクリル絵具という独特な画法を確立し、日本画と洋画との境界を越えた革新的な表現方法に到達。日本の伝統美である衣装文様や花鳥風月を用いた「もののあはれ」を基調としたその作風は、独特の技法とあいまって智内独自の幻想世界を創り上げている。
2002年、2004年、2019年には、ギャルリーためながフランスにおいて個展を開催し、ヨーロッパ屈指の大コレクターであるロスチャイルド家に多くの作品を蒐集されるなど、世界の多くのコレクターを魅了しているほか、安井賞をはじめ、数々の賞を受賞し、現代画壇を代表する画家として揺るぎない地位を築きあげている。
ここ数年は、花や山々という日本人の原風景に迫る自然界の描写に新境地を見出しており、日本内外で高い評価を得ている。

作品一覧

  • 利休鼠の里

  • 睦月一旦 雪散華

  • 瀬戸花

  • 櫻幻郷

  • 季の召人

展覧会

アートフェア

ニュース

カタログ

  • Kyosuke TCHINAI

  • Stay Art Home

  • 智内兄助 WEBカタログ

  • Kyosuke Tchinaï V

  • Kyosuke Tchinaï

  • Kyosuke Tchinaï IV

  • Kyosuke Tchinaï II

  • Kyosuke Tchinaï

PDF