1986年奈良県に生まれる。広島市立大学芸術学部油絵専攻。トロンプ・ルイユと呼ばれる西洋の伝統的な技法で制作。作品はモチーフが実際そこに存在するかのような不思議な錯覚を鑑賞者に抱かせる。この技法では多くのモチーフを描き華やかな画面にするのが主流だが、山本は極力数を減らしミニマムに画面を構成する。代表作では真白く広い空間に一輪の小さな花のみを描き、洗練された簡素な画面に清々しさが際立つ。細い糸や小さな釘といった線や点、あるいはパターンなどの抽象的要素も描き入れ、画面に秩序をもたらし安定感を与える。現代という時をテーマに、日本人としての美意識を昇華させた新たな画風を確立させ、更なる可能性を探求している。

展覧会

アートフェア

ニュース

カタログ

  • Nouvel Horizon Japon

  • Stay Art Home

PDF