1965年千葉県生まれ。武蔵野美術大学にて学ぶ。学内の風潮は具象絵画が中心であったが、吉川はやがて抽象絵画へと進んでいく。
四季折々に変化する自然、ことに風や光の様相に触発され吉川は絵筆をとり、自身の眼差しを画面に注ぎこみ詩情豊かな絵画空間を創りだしている。絵筆以外にも左官ごてや木香薔薇の枝などを用いて、色を重ねたキャンバスをひっかき、削る。あるいは、ペインティング・ナイフに少量の絵の具をとり画面に投げ付け、鮮やかな絵の具をキャンバスに点在させるなど、画家の豊かな感性が生み出す様々な描線や深みのある色調が見るものを惹きつける。 
2016年、ギャルリーためながフランスで開催した展覧会で高い評価を得る。 現在、日本内外からその活躍に期待が寄せられる注目の画家である。

展覧会

アートフェア

ニュース

カタログ

  • 吉川 民仁

  • Stay Art Home

  • Abstraction Japonaise

  • Tamihito Yoshikawa

PDF